湯島まいど講レポート 第10回

第10回
日時:2016年12月24日 17:00-20:00
講師:参加者全員
テーマ:2人だけではない、みんなで楽しむクリスマスイブ。

まいど講、よしみを結ぶという趣旨にかなった楽しい会でした。

かつて柿の葉寿司経営の両親に向って『鯖なんかくえるか!』といった兄に同調したところ鯖が食べられなくなった。兄は反抗期で実は食べられたなどエピソードをかたって笑わせてくれたり、子供の頃岡山をかわきりに両親の転勤にしたがって四国以外に転校したかつて、土地によって仲良くなるには、『よせて』なのか『まぜて』なのかとかの体験談などなど、ビジネスにないこころをわった和気あいあいとした雰囲気で楽しめました。

主催の荒井さんはプランナーとして本領発揮してサンタ帽子やまんまるケーキなど会を盛り上げる万端の用意ありがとうございます。サプライズなプレゼントまで。

湯島春近から和が広がって世界中が平和になることを夢見る夜でした。

主催の荒井さん、いつもありがとうございます。今回も楽しい会でした。参加のみなさまありがとうございました。


Slightly out of Focus! カメラマンとして恥ずかしいかぎりですが、写真のクオリティよりも現場の雰囲気を伝えるのが大切だと思うので。 キャパを思い出します。


今日の最初のいっぱいはスパークリングワインで。


なんとステーキ


カルピスバターつけたパンにのつけていただきました。まか不思議、なんと美味しいのでしょう!また頂きたいです


甘すぎず程よい生クリーム。どこでかったの?湯島!湯島界隈にこんな美味しいケーキ屋さんがあるなんてしらなかった!との近場から参加者の声も


がァーにゃパウダー…どうも変換がおかしい、バーニャカウダ? つけていただく野菜がおいしい! あぁアヒージョの油はどうやらこれですね。…似ているけどちがいました。
参考 Y!知恵袋 アヒージョとバーニャカウダの違い


今日はわがままオーダーをきいてくれて味噌ではなく胡麻ダレと揚げ出しのダブルで食べ比べ。 まずはお味噌ではなく胡麻ダレのこくとわさびのマッチング、ちょっとしっかりしたぷるるんとした食感でおいしい。


ごま豆腐二弾目の揚げ出し 揚げて熱を加えた分とろりとなめらか。口の中で溶けるような味わい、美味しい。


つみれ状にふくっくりと丸いさつまあげ。雪のような衣が食欲を刺激します。しっかりとした歯ごたえがおいしい。


揚げ牡蠣のせガーリックライス。 塩分控え目なライス部分と牡蠣の塩気が絶妙なおいしさ。これはイタリアンだけど和の発想?


すてきな夜を演出は荒井サンタさま

-Reportrd by Haruhiko Oda

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする