煮魚玄米弁当のご案内

湯島春近は現在、コロナ禍でお休みをいただいていますが、来週の4日間だけですが、1000円弁当を、文京区支援で400円(税込み)で販売いたします。

7月13日(火)、14日(水)、15日(木)、16日(金)
毎日11時30分発売、限定40個、売り切れ次第終了。ご予約の方の分は取り置きます。
090-7733-3408までショートメールで。予約確認のお返事をします。

null
null

メニュー
押し麦入り玄米、梅干し、ニラ卵焼き、鴨ロース、枝豆、玉蒟蒻煮、自家製胡瓜糠漬け、銀鱈煮魚、法蓮草鰹節敷き、ミニトマト、アボカドポテサラ、キウイ
玉ねぎとなめこの味噌汁

この弁当は湯島春近の調理人の荒井俊恵が健康管理のため、創意工夫しているメニューで、本人もこれで約2kg減量に成功しました。美味しくて健康的な食事がテーマです。それを弁当で実現して皆様のご評価をいただきたいということです。

玄米弁当は押し麦入りで、米と米が傷つくぐらいにしっかり研ぎ、半日水につけます。そして少し多めの水で1時間以上時間を掛けて炊きます。

この写真のうち、ローストビーフは鴨ロースに変わります。鴨ロースを長時間かけて低温調理器で処理したのち、さっと表面を焼いています。

湯島春近は今後も美味しい、健康をテーマに研究を重ねています。8月の再開を目指しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする